2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2013.08.25 Sun

8月24日未明、僕は電話の音で目が覚めました。
市からの緊急呼び出し!

うかつにも足元がこんな状態になっているとは、つゆほども知らず寝入っていたのです。

DSC01566.jpg

DSC01555.jpg

DSC01556.jpg

道路が川と化しています。

DSC01553.jpg

DSC01572.jpg

【以上写真提供 村川郷田公民館長】

慌てて、公民館に災害地区班を開設
それが5時ごろで、まだまだ雨は激しく降ってます。

公民館のPCで天気レーダーを見ていると、雨雲が西から東へ単純移動しているのではなく
日本海でどんどん雲がわき出て襲いかかってくるみたい。

海水温が高く蒸発した水蒸気が、高気圧のすぐ外にある上空の寒気で冷やされ
強大な雨雲に次々と変身していったようです。



雨が小康状態に入ったので、見まわりに出かけました。
ここでは水が約50㎝ぐらいのところまで入っており
前面の道路だけでなく、裏山からも多量の水が流入してきたとのこと。

床上浸水



床上に達しなくても、このように排気講から床下にヘドロが入りこんでます。
もちろん消毒が必要
トイレの便槽も水で溢れて、使えなくなったところが頻発しました。



県道が寸断された箇所(郷田小学校前)
この地域の大動脈なので、翌日の昼過ぎには仮復旧しました。



小学校の裏を山沿いに回る市道が、山腹の大崩落を受けて完全に塞がれました。
途方もない土砂の量で復旧には相当な月日が必要です。

IMG_1660.jpg

今回の水害は今までのパターンと異なっています。

江津市は昭和48年・58年と梅雨末期の大水害がありました。
ここ本町は中国一の大河「江の川」の河口に接していて
江の川の増水により、その水が逆流し、河口に近い場所から浸水していくパターンでした。



しかし、今回はこの地域に時間雨量92ミリもの、バケツをひっくり返したような降雨があり
里山を下った大量の雨水が町の河川に集積して
内水排水がおいつかないまま、瞬く間に道路や家屋を沈めていきました。

特にいくつかの川が交差する場所で被害が大きかった。

家の泥出しや掃除で疲れている人や途方にくれている人たち…
被害の様子を聞いて歩くのも、正直つらかったです。

山崩れが多かったのも、それだけ一度に大量の雨が降ったから。
避難所で夜を明かした家族は、みんな危険な山を背負っているところでした。

本町だけでなく、江津の各地で山腹崩落・道路決壊が多発し
たくさんの集落や個人が孤立した。

今は急速にインフラは復旧しつつあるけど、街中や住宅の片づけはこれからです。
貴重な財産や、大切な思い出の品々を失った人も少なくないでしょう。

58災からちょうど30年

そのころは山間部にも若者がいたけど、今は独居老人がほとんど
復旧は外からの支援の手にかかっています。

どうか、応援をよろしくお願いします。

http://gotsu-syakyo.jp/voluntr/0824.html


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://sutekion.blog.fc2.com/tb.php/93-7dad8272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルなし «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

sutekion

Author:sutekion
素敵な音楽と美味しい珈琲 心地よい時間を過ごしませんか。

最新記事

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (181)
オーディオ (1)
テニス 錦織 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する http://torimu0044.at.webry.info/

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。