2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2013.07.07 Sun

島根県立美術館で開催が始まった
佐伯祐三と
に行ってきました。


昔から好きな画家だったので、すごく楽しみにしていました。

初日なのでたくさんの人出と(人ごみがきらいなわが夫婦は)警戒してたけど
ほんのチラホラで、拍子抜けしちゃった。
まあ、平日だもんね。。。

しかし、展示の数・内容ともすごく充実していて、見応え充分!
廻り終えたときには、少し疲れたほどです。

佐伯祐三は1920年代だから大正あたりの人で
パリに魅せられて、その街並みを精力的に描き、日本画壇に大きな影響を与えた。
しかし、30歳の若さで夭折(結核)

東京美術学校(芸大)出身のエリートだけど、パリで師匠となるルブランに自分の作品を
「このアカデミックめ!
と罵倒されて、それから画風が大きく変わったという。

確かにその後、日本人特有の小賢しさが徐々に消えていき
石造りの西欧の街が持つ力強さを、心趣くままにキャンバスにぶつけていった感じだ。

画風の変化に伴い、紙や竹など薄い素材で構成される日本の風景については、
その繊細さを「とてもやっかいなモチーフ」とコメントしていたのも面白い。

3_E8A197E8A792E381AEE5BA83E5918A.jpg
佐伯祐三「街角の広告」1927年 大阪市立近代美術館建設準備室蔵

ほとんどなぐり書きに近いこの男っぽい筆致が大好き!
その反面、看板などの文字は踊るような流暢さで画全体に躍動感を与えてる。

特に土壁を真正面から描いた作品は圧巻で、油絵特有の技法をつかい
長いヨーロッパの歴史が絵具と共に塗り重ねられているようだ。
そこには壮大な「時間」が封じ込められており、絵を前にしてしばらく動けなかった。

この迫力は平面的な印刷物では全く伝わらないので
是非オリジナルを見ることをお勧めします。

ちなみに僕が一番好きなのは
『街角の広告』
という作品です。

それにしても、感じたままの心象風景を筆一本で表現できる「画家」という資質に憧れます。
写真ではとてもマネできないことですね。




ひるめしは伊太利屋というところへ行きました。



このステーキランチは珈琲とデザート付きで1,300円
しかも、この店のウリである「サラダバイキング」は食べ放題なので
お得感はありますよ。



夏野菜のピクルスとエゴマのドレッシングが美味しかったです。



うふふ、欧州車ぽいオレンジ色がお店の外観に合うでしょう。

帰りにニトリに寄って、小さな食卓を注文しました。
わが家には2mを超える大テーブルがあるのだけど、もう子供がいないので無用の長物
生活もダウンサイジングしていくお歳ごろです。

松江はいい街ですね。

しかし、同じ県内なのにチト遠いわ


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://sutekion.blog.fc2.com/tb.php/87-725d8215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルなし «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

sutekion

Author:sutekion
素敵な音楽と美味しい珈琲 心地よい時間を過ごしませんか。

最新記事

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (180)
オーディオ (1)
テニス 錦織 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する http://torimu0044.at.webry.info/

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。