2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2014.11.17 Mon

ATPファイナル 
準決勝リポート



確かにジョコビッチは強かった。
しかし、最後0-6で勝っても笑顔はなく、恒例のカメラスクリーンへのサインが 「 ・ 」

なぜでしょう?

ジョコビッチはこの大会で、トッププレーヤーたちに1セットも与えない完璧な試合を展開。しかも前日には年間チャンピオンの表彰を受け、結婚・男子出産など私生活の充実もあり、まさに「わが世の春」!絶頂の気分で試合に臨んだと思います。



その勢いもあり第1セットは、余裕シャクシャクで王者の風格さえ漂わしていた。

しかし2セット目に入り、錦織が牙をむき、その自信をこなごなに打ち砕く。ジョコビッチはうなだれ、何度も天をあおぎ、神の救いを求める。これがさっきと同じ人か?というほどの変わりようです。ファイナルセットではジョコビッチは相当ビビっていたと思う。最終セットで錦織ほど強い選手は他にいない。ポジションが後方へ追いやられ、完全に守勢に回っていた。



では、なぜ錦織は勝てなかったのか?

大きな敗因は、手首の故障だと思う。痛めた手首が限界に達していたのだ。それに前々日のフェレールとの死闘の疲れも加わって「早く片付けたい」の焦りが先行。だから前に前にポジションを進め、ショートポイントで相手の時間を奪う戦術に打って出た。しかし、ライジング(ショートバウンド)ショットは面を合わせる繊細な神経と地面を跳ねたばかりのボールの勢いに負けない「強靭なリスト」が必要。つまり錦織はチャンスとともに手首の負傷というリスクの両方を抱えたまま、あえて勝負をかけたのだ。

一か八かなので、エースとミスのしのぎ合いが試合を左右する。ジョコビッチは丹念に返球をするだけ(すごいテクニックだった)で、錦織が勝手に一人相撲をして、エースよりもミスが上回って負けたわけです。

ジョコビッチは王者の実力で勝ったとは全く思っていない。
成否は「錦織しだい」だった。全く試合を支配していなかった。それはプロにとって、特にこのトップレベルにおいて屈辱の何ものでもないでしょう。

さらに、観客の多くが祖国の英雄マレーを破り、判官びいきも手伝って錦織の応援にまわり、それがジョコビッチの神経を苛立たせ、試合途中で自ら犯したダブルフォルトに対し、ほら「拍手しろよ」と観客を煽ったりしていた。
往年の北の湖と千代の富士の一番みたいですね。



そんなアウェイ状態と錦織の畳みかけてくる迫力に耐え、勝ちきったジョコビッチはさすがです。
スコアに関係なく、テニスの、スポーツの、人間の本性を浮き彫りにしたすごい試合でした。


nisikori.jpg

(みんなと一緒に差し出せない右手が痛々しいですね。)

この一年、あなたの描く夢の中に僕たちはいました。

心から、ありがとう!


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://sutekion.blog.fc2.com/tb.php/153-369b49f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルなし «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

sutekion

Author:sutekion
素敵な音楽と美味しい珈琲 心地よい時間を過ごしませんか。

最新記事

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (180)
オーディオ (1)
テニス 錦織 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する http://torimu0044.at.webry.info/

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。