2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2014.11.17 Mon

錦織 
ファイナルセット第3戦 リポート

当初当たる予定だったラオニッチがまさかの棄権。補欠のフェレールが参戦

ラオニッチがサーブを軸にゲームを組み立てる「ビッグサーバー」なら、フェレールはとにかく相手の打球を取ってとりまくる「ストローカー」。ま逆のプレースタイルとの対戦に何と1時間前、急きょ変更となった。

センベイだと思って袋から取り出したら、キャラメルだったわけで、粘っこく噛み続けなければいけない。

テニスにおけるメンタルの比重は80%以上と言われ、このチェンジは相当なとまどいを錦織に与えたと思います。



案の定、第1セットはミスが続発。
パリ大会からサーブの精度が悪かったのですが、ここでもファーストが入らず、セカンドサーブも叩かれ、得意のラリーにおいても「どこへ打っても相手がいる」状態で、なす術もなく、落してしまいました。

第一、補欠でずっと大会中休んでいたフェレールのガソリンタンクは満タンで、アクセル全開!という感じでした。

第1セットはゲーム数を見れば僅差(1ブレークのみ)だったのだけど、明らかな凡ミスが多く、内容がメチャ悪かった。僕はまた弱気の虫がはたらいて、「こりゃ負けるわ」と思たっけど、根っからのスポーツマンである奥さんは最後まで勝利を信じていたみたい。



第2セットの最初、圭は相手のサーブゲームをいきなりブレイク。

特に男子の場合、サービス(サーブ)をする側が圧倒的に有利なので、する側はそのゲームを死守すること(キープ)が絶対条件。サーブを受ける側はそのサーブを返して(リターン)、相手にとって有利なゲームを破ること(ブレイク)が勝つための使命となります。
その攻防がテニス。

第1セットで錦織はフェレールのサービスゲームを一旦ブレイクしたのだけど、その後自分のサービスゲームをブレイクされて(ブレイクバック)、結果的にセットを落した。

ですから、第2セットでブレイクしても、またブレイクバックされたら、勝ち数でふりだしに戻るので、安心はできません。特に錦織のようなサーブが弱い選手は常に危険因子を抱えていて、周囲はハラハラドキドキにならざるを得ない(コーチ泣かせ)。

それでも何とか自分の(サービス)ゲームをキープして、ファイナルセットへ



ここからは、最後に競るとメチャ強い「Mr.ファイナル」の面目躍如たる展開になりましたね。
サーブは入るわ、エースは決まるわでゲーム連取を重ねる。しかし、松岡修造さんの言う「スーパーゾーンに入った」はちょっとおおげさ(マスコミ向けでしょう)。僕から見てやはり終始不安定さがつきまとっていた。ただ、ほとんどのエラーはベースラインの中に入ってのショットだったので、「攻め」の結果と考えれば、本人にとって後に尾を引くミスではなかったのでしょう。



僕にとって錦織のプレーで一番魅力的なところは、他の欧米の選手…たとえばフェデラーやジョコビッチが「蝶のように舞い、蜂のように刺す」といったスムースで淀みない動きをするのに対し、錦織はボールの落下地点に着いたあと、一瞬足を止める。そして弓を絞るように<ぐぐっ>とラケットを引いて、<ぐわ~ん>と矢を解き放つところです。その瞬間の間合いがカッコいい!

瞬時に体幹をねじ曲げて(水泳用語でいう「ローリング」)させエネルギーをチャージし(テニス用語でいう「ため」)た後に、バネ弾性力を使ってシバくわけ。これが世界最高水準のスイングスピードを生み出している。

ある意味ぎこちないのだけど、「狩り」のDNAを持たない農耕民族の対処法であり、この「間合い」は弓道のみならず、武士道全体、日本人のアイデンティティそのものにも通じるところがある・・いうのは、少々うがった見方かしら。

ただ、「ため」は当然時間のロスになるので、誰よりも早くその場に駆けつけなければならない。錦織は足がさほど速くないが、何よりも天性の試合勘で相手が打つボールの行方を察知し、ネットを越えるころにはもう構えに入っている。

特に今ごろの彼はオープンスタンス(ボールの軌道に対し直角に足を開く)で、よりローリング打法を多用しているので、ボールの切れと速さがハンパじゃない。

目の肥えたロンドンの観衆がどよめき、思わず引き込まれるのは、今まで見たこともない「異次元」のテニスがそこにあるからです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://sutekion.blog.fc2.com/tb.php/152-1b6544d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルなし «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

sutekion

Author:sutekion
素敵な音楽と美味しい珈琲 心地よい時間を過ごしませんか。

最新記事

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (180)
オーディオ (1)
テニス 錦織 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する http://torimu0044.at.webry.info/

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。