2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2014.09.28 Sun

毎週(毎日)夫婦で楽しみにしているTVがある。
海外ドラマ
メンタリスト THE MENTALIST



海外ドラマ好きのスイミング仲間から「面白いよ!」と教えてもらってから、ハマりにはまっていて、もう見ない日はないくらい。

すでにシーズン5 に突入しており、CS(スーパードラマTV)放送なので最新作は毎週心待ちにするしかないのだが、過去の作品も再放映しているので、録画しそれを毎日見返している。推理モノなのだけど、だれが犯人だったか結構忘れているもの。そんな記憶の悪さが幸いして(笑)、一粒でも二度三度楽しめるのだ。

簡単なすじ書きは
特異な読心術(超能力でない)を持つ主人公パトリック・ジェーンが、妻子を殺害した連続殺人魔レッド・ジョーンを追うという流れがあり、その過程で彼は警察のコンサルタントとして毎回起きる難事件を次々に解決していく。
派手なアクションは少ないが、ジェーンがしかける巧妙で機知に富んだ心理戦に思わず引き込まれてしまう。

…と書けば、なんかシリアスそうだけど番組の雰囲気はいたってコミカルで、笑ったり思わずニヤリの連続。ジェーンはいつも職場でソファーに寝そべっているぐうたらなヤサ男で、時々(しょっちゅう)致命的な間違いもおかす。
「あれ? おかしいなあ~ うまくいくはずだったんだけど」
と頭をかくのが彼のおなじみの姿
しかしその失敗は布石にすぎず、最後にはどんでん返しの胸のすくような手際を見せるのだ。

その天才メンタリストをもってしても、宿敵レッド・ショーンには手がとどかず、常に出し抜かれるというコントラストが長寿番組の骨格となっている。



そして何よりも魅力的なのは、主人公と警察チームの女ボスであるリスボン捜査官との淡い恋愛関係。目立って表に出ることはないが、ふたりの会話やしぐさ…特に(敏腕刑事)リスボンからにじみ出るジェーンへの恋心がこの物語に彩りをそえている。

登場人物みんな生粋のエリートではなく、何らかの暗い過去がある。(ジェーンにいたってはサーカス団の出身)
とても優秀なメンバーたちなのだが、時々その「訳あり」が顔をのぞかせるところが興味深い。

海外ドラマに共通するのが、登場人物はテーマとなる仕事だけでなく、裏側に複雑な過去や私生活を抱えている。それら一切合財含めたものがこのヒーローなのだという ヒューマンな人物描写だ。
一発ものの「映画」ではここまで丹念にえがき切れない。



多分たいていのレンタル屋さんにDVDがあると思うので、興味があればぜひどうぞ!
そして、これは好みの問題だけど、日本語吹き替え がすごく良いので、そちらがお勧めです。

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/kaidora/mentalist/

11f5e04f91a9d67ce15d6a84755cc73633ce47261381018817.jpg



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://sutekion.blog.fc2.com/tb.php/144-be1d4703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルなし «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

sutekion

Author:sutekion
素敵な音楽と美味しい珈琲 心地よい時間を過ごしませんか。

最新記事

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (180)
オーディオ (1)
テニス 錦織 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する http://torimu0044.at.webry.info/

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。