2015-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2015.08.25 Tue

来年の3月で142年の歴史に幕を閉じる
跡市小学校

今日放映される 『 24時間テレビ 』 で全校生徒5人と学校が紹介されるということで、記録もかねて写真を撮りに行きました。

木造の小学校
懐かしいですね。

テレビ取材のクルーの方々も早々とスタンバイしてた。
それを横目に歩きながら考えてまった

人口は減り、見渡せば廃校や空き家ばかりで、街の風景は穴ぼこだらけの 『 』 になっていくのに対し、世の中の流れは益々スピードを増し緊張を高め 『』 に向かって加速している。

のどかな風景とは裏腹にどこか足を速めざるを得ない焦燥感漂う空気に、ギャップを感じないわけにはいかないのです。

考えすぎか?

文書のための文書になっていないか?


そうかもね


まあ、写真をたのしんでください。


11894002_899775300105422_8812248018546189626_o.jpg
7年前の撮影


11896475_899775456772073_6363953947085635212_o.jpg


11899806_899775886772030_2383058537327805498_n.jpg


11934934_899776070105345_1996249641119207832_o.jpg


11907200_899775640105388_9003984517786990893_o.jpg


11888641_899776380105314_2881026948285015967_o.jpg


11942156_899775833438702_3479192096817505680_o.jpg


11884605_899775733438712_6057489009402569035_o.jpg


11113296_899776200105332_3919997338141356966_o.jpg


11856508_899776276771991_4871193314660208315_o.jpg


11863351_899776216771997_359467050952978678_n.jpg


11896329_899776430105309_2920192348373071815_o.jpg


11865138_899776513438634_8265646619335173085_o.jpg


11951658_899776123438673_8506705840291250995_o.jpg


スポンサーサイト

 - 2015.08.21 Fri

忌野清志郎氏からのメッセージ


地震のあとには戦争がやってくる。
軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めてる。
国民を馬鹿にして戦争に駆り立てる。
自分は安全なところで偉そうにしているだけ。
阪神大震災から5年。
俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた。
TVをつけると5ヶ所程から火の手がのぼっていた。
(これはすぐに消えるだろう)と思ってまた眠った。
6時間後に目が覚めると神戸の街は火の海と化していた。


この国は何をやってるんだ。
復興資金は大手ゼネコンに流れ、神戸の土建屋は自己破産を申請する。
これが日本だ。私の国だ。


とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って返り咲いた政治家。
弟はドラムを叩くシーンで、僕はロックンロールじゃありませんと自白している。
政治家は反米主義に拍車がかかり、もう後戻りできゃしない。
そのうちリズム&ブルースもロックも禁止されるだろう。
政治家はみんな防衛庁が好きらしい。
人を助けるとか世界を平和にするとか言って、実は軍隊を動かして世界を征服したい。


俺はまるで共産党員みたいだな。普通にロックをやってきただけなんだけど。
そうだよ。売れない音楽をずっとやってきたんだ。
何を学ぼうと思ったわけじゃない。
好きな音楽をやってるだけだ。
それを何かに利用しようなんて思わない。せこい奴らとは違う。
民衆をだまして、民衆を利用して、いったい何になりたいんだ。
予算はどーなってるんだ。
予算をどう使うかっていうのは、いったい誰が決めてるんだ。
10万円のために人を殺すやつもいれば、
10兆円とか100兆円とかを動かしている奴もいるんだ。
いったいこの国は何なんだ。
俺が生まれ育ったこの国のことだよ。


どーだろう、・・・この国の憲法第9条は、まるでジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?
戦争を放棄して世界の平和のためにがんばるって言ってるんだぜ。
俺たちはジョン・レノンみたいじゃないか。
戦争はやめよう。
平和に生きよう。
そして、みんな平等に暮らそう。
きっと幸せになれるよ。


s-R0011644.jpg


「地震のあとには戦争がやってくる。」

天災の恐怖に乗じ、危機管理という名のもとに軍が増強され、周辺諸国は不安に陥り、安全保障のジレンマが負のスパイラルを巻き起こす。
カントも言及していた昔からの戦争に至るフロー

不思議なことに人類はこの歴史から学ぶことなく、毎度同じ戦争を繰り返してきた。
国家も感情を持つ生きものだから、対立があって当然。

それを暴力に訴えないよう「理性」という抑止力がある。


結局は内面における悪魔と天使の戦いなのだ。


 - 2015.08.18 Tue

img01.jpg

イマヌエル・カント 『永遠平和のために』


こう見えても) 若いころは多くの哲学書などを読みました。

倫理社会の教員を目指したこともあるけど、活字や哲学用語が苦にならない方だったので、古今東西の思想書を手にとり、その場では理解できてたつもりです。

しかし

こう見たとおり) 全然覚えていません!(涙)

カントも「純粋理性批判」というフレーズがかすかに浮かぶだけで、その意味も彼の思想体系もなに一つ語れない。


では、その読書の日々は無駄だったのか‥とは全く思いません。

論理的なものの思考法
多角的な視点
ダイナミックな世界観

を身につけることができたと思うからです。

同じ例が「数学」

微積分など勉強しても世の中で何の役にもたたない、とよく聞きます。

しかし複雑に絡み合った世界でも、ひとつひとつの要素を見極め、ときほぐすことで『解』にたどりつくことができる。それは難解な数式に向かうのと同じ手法です。


これに確かな記憶による「知識」が加われば、僕の人生は違っていたかもしれない(笑)けど

忘れてもいいんです!

雑学の多さはその人の人格とは無関係だもの。

学校の勉強も生涯学習も無駄な「学び」は一切ありません。

大切なのは、偏見や固定観念にとらわれない多様で正しい考え方を身につけることです。
それを頭だけではなく、血や肉とすることです。

『永遠平和のために』 カント 

<後述>

池内さんはこの著書を今の政治家に読んでもらいたいと言われてた。
すると、偶然昼食で居合わせた阿部首相に本を手渡すことができたらしい。

しかしその後の首相の安保法制に関する答弁になんら変わりはない。
また、「戦後70年談話」もしかりである。

これをまだ読んでいないのか、カントの高邁な理想を受け止めるセンスに欠けているのか、或いはそれを現実社会と整合する力量がない・・・のかもしれない。



 - 2015.08.11 Tue

健康診断で順番待ちのとき、手持ちぶさたから、スマホで小説を読んでいた。

すると隣の男から
「(漱石の)『こころ』ですか。暗い気持ちになりますよね
と話しかけられた。


11817035_888744564541829_943603773681835219_n.jpg

夏目漱石は大体10年間隔で再読しており、この作品も3度目だ。
そしてミステリー仕立てでありながら、教科書にものっているので、国民的なネタバレ小説。

確かに人の死が3度もあり、とても明るい気持ちにはなれない。

しかし『近代的自我』とかの小理屈を持ち出さなくても、今の感覚と通ずるところが随所にあり、「だよね~」とうなづくことしきりで、読み返すたびに新しい発見があって愉しい。

「そうでもないですよ」

と応えたけど、その人はうつむいたまま無言。顔見知り程度だったし、僕は元々対人関係が苦手なので、そこで会話は打ち切られた。

ただ彼の「暗い気持ち」と言った口調が海の底のように沈んだトーンで、妙に心にひっかかり、そのあと文字を追うのがむずかしくなった。

もし僕がもう一歩踏みこんで「どんなところが暗いと思うの?」と聞いたら、なんらかの展開があったかもしれない。
「私」と「先生」みたいな。


こうして僕たちは、様々な人生という雑踏を風のようにすり抜けていく。

そしていつか私もだれひとり開けたことのない荷物を舞台袖に隠したまま、生涯の幕を閉じるのだろう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sutekion

Author:sutekion
素敵な音楽と美味しい珈琲 心地よい時間を過ごしませんか。

最新記事

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (180)
オーディオ (1)
テニス 錦織 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する http://torimu0044.at.webry.info/

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。