2015-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2015.05.28 Thu




錦織の試合はエンターテイメントだ!」なんて言いながら、実は心臓(気)が弱い僕はハラハラドキドキの生中継を見るのが苦手。
昨夜も中継予定時間にあえて泳ぎに行き、プールから帰ったら「折悪く」これから試合が始まるところだった (;^_^

予想どおり心臓バクバクのゲーム展開で、焼酎のホッピー割が進みます(なんで)。




第1セットを苦労してもぎ取った後、第2や第3セットは2ブレークで先行するものの、セットを締めるところでブレークバックされ、思わず「ああ~」と声をあげました。
2ブレークの「圧倒的有利」と1ブレークの「薄氷の有利」では天と地の差があり、ひとつのミスで追いつかれ、抜かれて負ける…というフローが出来あがります。

しかし、最後に勝ち切るところはさすがトップ5!




第3セットの終盤で2ゲーム連続で失ったのは、左指にできたマメのせいですね。

前のブレイクタイムでマメのテープをはがしたのだけど、代わりのをバッグから見つけることができず、不安を抱えたままゲームにのぞみ、集中できなかった。
それであと1ゲームを残したところでメディカルタイムアウトをとり、トレーナーからテープをもらって巻きなおしていました(こんなことをセンターコートで堂々とやる選手はちょっといない)。

それだけ錦織はガットテンションと同様、手とラケット接点のフィーリングに極めて敏感な人といえます。



それにしても、試合後のカメラに書いたサイン「」は最高!

漢字好きのフランス人へのサービス? いや「土」ふたつなのでクレーコートを表現したのではないかと諸説うまれたけど、後のインタビューで錦織本人が語った理由は

「めんどくさかったから…」(簡単な「圭」を書いただけ)

このふてぶしさ、型にとらわれない自由な発想力こそ錦織の強さの源だと思います。



こんな繊細かつ奔放な感性と針の穴をとおすような集中力、そして図太い神経を持った日本人が今後出てくるかどうか疑問です。
だから、僕はあえて彼を 『島根人 』と呼びたい。


スポンサーサイト

 - 2015.05.24 Sun

奥さんがスマホにしました。

DSCN1160.jpg

本人はガラケーで全然OKと言っていたのだけど、モノ買いの好きな夫が「海外にいる子どもとLINEで無料電話ができるよ~」と母心&節約指向をくすぐる催眠商法をかけた結果です。

機種は freetel の priori2 (3G)という税抜きで1万円を切る格安スマホに、僕も使っている OCN モバイル ONE(音声付 110MB/日)のSIMを組み合わせました。
電話番号はMNPというやつでそのままお引っ越し。


DSCN1163.jpg


維持費は固定費で税込1,512円/月。
これに通話料が加わるけど、半額になる「楽天でんわ」と IP電話の「050プラス」やLINEもあるので、あまり電話をしない彼女ならほとんど無視できる範囲でしょう。

月々2千円以内でスマホが持てる時代になったのですね!

ただ、大手キャリア(ドコモやau)と縁を切るので、設定から維持管理まですべて自己責任。
ちょっとした覚悟と知識が必要です。

DSCN1165.jpg

この priori2 ではじめて Android というOSをいじったのですが、やっぱりユーザーライクな iPhone の方が僕は好きだなと思いました。本体の質感も価格の差が出ています。
まあ、オレんじゃないし(おい!)

しかし、この価格でクアッドコアに1Gのメモリー搭載はスゴイです。
本体裏のカバーが27パターンあり、着せ替えも楽しそう ♪

ということで、超ライトユーザーなカミさんにはちょうどよい、どころか余りあるスマホだと思います。
今からスマホをご検討されている方…どうですか?

DSCN1171.jpg

【追記】

いくつかの問い合わせがありました (^^ゞ ので、一応ことわっておきますが

もちろんいいことばかりでなく、キャリア解約料が約12,000円!とられました (>_<)。
自動継続の「2年割」という巧妙な(失礼)仕掛けで、さすが大手ですね。

この○○年割対策として、継続が切れるタイミングまでガラケーは「通話のみ」仕様(安くなる)にし、スマホには「データのみ」(600~900円/月)のSIMを入れた「2台持ち」でのり切る手があります。

と、カミさんに提案したのですが、体育会系にとって2つ携帯なんて「面倒くさい」と一蹴されました ^^;

SIMフリー=「自由の代償」と言いきかせるしかないわ~。


 - 2015.05.23 Sat

『花は咲く』

TVで芸能人が歌いだした頃「さも」という感じが鼻について好きになれなかった。
でも最近は何度もリピして聴いてます。いい歌ですね。

えらそうな言い方だけど、やっとこの震災を自分なりに受け止めるようになれたと思います。

同時代を生きた僕たちは、一生これら参事の十字架を背負って行かなければならない~阪神淡路大震災、9.11、そしてこの3.11(僕がバイクで事故ったのは12.11 だれもきいていない)。

僕の親の世代は先の大戦が時代の生んだトラウマかもしれない。
のちの高度成長のときでも、ぬぐい切れない疑念、取りもどせない青春への無念として重く彼らの心にのしかかっていたと思う。

だから僕らは次の世代に国民的PTSDをもたらすような禍根を残してはいけないです。





徳永英明さんは意識的にビブラートを伸ばすような歌い方をしていないですね。歌声を丁寧に「置き」にいっている感じで、どれも淡々ときこえる。
ユーミンと同様、過度な抑揚がないぶん歌詞の素晴らしさが際立ち、じんわりとからだに染み込んできます。他に歌が上手な人はたくさんいるけど、こういった歌い手こそ“プロ”だと思います。

壊れかけのラジオ』 のころから大好きな声です。


 - 2015.05.23 Sat

IMG_03675788.jpg


あなたはサンドイッチ派?それともハンバーグ派?
僕はぜったい!サンドイッチ派ですね。

いつも切り口の美しさにみとれてしまいます(へん?)

美味しい珈琲に、美味しいサンドイッチがあればなにもいりません。

これからの季節、公園のベンチでコンビニのアイスカフェラテを片手に、サンドイッチ(中にはシャきっとしたレタスとホロホロの玉子)をほおばるのも楽しいですね。
そんな『小幸福』の積み重ねが人生にはとても大切です。

サンドウィッチ伯爵の「ゲーム好き」に感謝感謝(諸説あり)(*^^)v

 - 2015.05.23 Sat

アンドレ・アガシが錦織のプレーを「お金を払っても見たい」と評していた。
つまり彼の試合そのものが上質のエンターテイメントなのだ。
最近はNHK BSで放映していることもあり、スポーツとは無縁そうな(失礼)おばさんが「ニシコリすごかったわね~」ともらす声をよく耳にする。なにがすごいのか。
日本人、同郷人であることを差し引いても余りあるこのワクワク感は一体なんなのか。

普段は「天然」なのに、コートに立つとストイックな求道者に変わるその落差。
試合開始が遅くなっても何ひとつ不平を言わず、地元紙が「まるで聖者、天使のよう」と驚くほどの謙虚さ。
セオリーを打ち破る斬新なゲーム展開…あげれば、十指でも足りない(全部書きたい!)ほどだが、一番といえば彼のショットのすごさを挙げたい。

背の低い日本人が今主流の高く跳ね上がるスピンボールを取るのは大変だ。
軌道の頂点では手が届かないし、落下を待って打つとなると、後方に追いやられ、コートカバーすべき範囲が増える。途中や後ろが不利なら「前」に出るしかない。だから必然としてボールの跳ねぎわ、ショートバウンドを叩く。この日本のお家芸「ライジング(上がりっぱな)ショット」の精度が“神業”なのだ。

ポジションが前なので相手にとっては最も短い距離でボールを返され、準備をする暇がない(「時間を奪う」という)。
球ぎわへのアジャストはほとんど感覚的なもので、正直努力で獲得できない。

錦織が「天才」と呼ばれる所以のひとつがここにある。

ただ打感のフィーリングが重要でガットのテンション(張りの強さ)にこだわり、再々ラケットを変える理由もここにある。

加えて、錦織のスイングスピードは世界最速級と言われている。コンパクトだから速い。リーチの短さというハンディを物理特性で強みに変えているだけでなく、錦織は優れた予測でいち早くボールの落下点に入り、テイクバックで充分な “ため” をつくった後、ゴムを弾くようにエネルギーを解き放つのだ。
だから小柄な体格にも関わらず、そのボールは重く力がみなぎり、当たりが厚いので、こするスピン系に比べヒッティグの音がハンパでない。

この、速いスイングによるライジングショットがじつに小気味よく、スピード感あふれるノンストップ映画のようで観る者の心拍数を上ていく。




後日(ジョコビッチにストレート負け)

負けちゃいましたね。

いろいろな分析があると思う。僕がこのシーズン当初から気になっていたのが、ダウンザラインのミスショット
ストレート打ちでサイドライン内ぎりぎりに落とすところからこの名があるのだけど、錦織が特にフォアハンドをネットする場面が今回も目立った。
フォアハンドは効き腕だから自由度が高い反面迷いも多く、両手で支えるバックハンドに比べ軸がぶれやすい。僕もフォアが苦手である(だれもきいていない)。マイケルチャンの指導のもとフォアが強化され、クロスの打ちあいでは、ジョコビッチと比肩されるほどの最高水準であるバックハンド並みになったが、前に落ちた短いボールを走りながら打つフォアのストレートが決まらない。

錦織のフォアでどこが進化したかというと、以前はクローズドスタンス(前に足を踏み出し、ボールの軌道に対し平行に構える)が主だったのを、オープンスタンス(足を横に開いてシコを踏むかんじ)に変えたことで、上半身のひねりをエネルギーに変えてボールに伝えることができるようになった。オープンスタンスの成立にはいち早くボールの落下点に移動して構える時間の存在が前提。左右の動きでは、錦織の予測が冴えて余裕を持って走り、ストッピングモーションからいいショットを放っていたが、前後の動きでは当然クローズドにならざるを得ず、チャンスボールへの力みからやや上体を突っ伏して打ち、ネットの餌食となっていた。

しかし、充分修正は可能だろう。

M氏がメディアでよく「ケイは世界一のメンタルの持ち主」とおっしゃるけど、僕は一般的な意味ではそう思わない。
欧米のいわゆる狩猟民族のDNAには何千ショットでもラリーを打ちづけられるタフネスさがあり、今回ファイナルセットでたった一度のブレークを逃さず、獲物に襲いかかるように試合を畳みかけたジョコビッチを見ればそれがわかる。

錦織のメンタルの特徴をいうなら、脳天気なほどの(笑)ポジティブシンキングで、コップの水を「もう半分しかない」でなく「まだ半分もある」ととらえる思考回路。
この人は後ろをふりかえらず前のボールだけに集中できる特殊能力を持っている。だから「気がついたらマッチポイントが来ていた」という、おいおい大丈夫か?の調子はずれな発言が飛び出すのだ。

ジョコビッチはいわゆる「4強」に名を連ねがらも、フェデラーやナダルに勝てず、ずっと辛酸をなめてきた。だからこそ今の地位がある。
錦織も怪我に苦しんだ時期もあったが、馬の目を抜くような勝負の世界で彗星のごとく現れたニューカマーであり、ジョコビッチらに比べればまだまだ「負け」の数が足りない

ましてやこの若者には負けることで数段強くなる傾向があり、同じ相手に倍返しのリベンジを何度もやりとげている。表には出さないが、根っからの負けず嫌いで内に秘める復讐心も執拗なものだと僕はよんでいる。

この恐ろしさを一番知っているのはジョコビッチだろう
。彼は悲願の「生涯グランドスラム」達成(全仏での優勝)を阻むのはナダルでもフェデラーでもなく、この錦織だと感じている…というのは少々身びいきな見方でしょうか。

Get ready for Paris.
がんばれ錦織!!






 - 2015.05.23 Sat

10404418_847665145316438_6096340353522995276_n.jpg


この写真を見ただけで、思わず頬がジョーキしたそこのあなた!
銭湯(温泉)マニアですね~(*^_^*)

ケロリン桶…もうないと思っていたら、なにげにアマゾンで売ってた。
ちなみに頭痛薬『ケロリン』もまだ現役なんですね(失礼)。

種類には「関東型」と「関西型」があって、後者が軽くて小さいつくり。関西の人の方がシャワーより掛け湯で体を洗うことが多く、汲みやすさにこだわったからみたい。(洗面器より手桶のイメージ)

わが家もかけ湯派なので、関西型にしました。
毎度、温泉気分♨になれそうで楽しみです ♪


 - 2015.05.10 Sun

大河ドラマ 『花燃ゆ』 を見て、攘夷熱‥じゃなくて、もともと好きな「幕末熱」が昂じて
妻と長州(萩)へ出かけました。

ルートは松陰神社から藩校明倫館跡地のある萩中央公園へ。
そこの体育館で開催されていた「花燃ゆ大河ドラマ館」へも足を運びました。

IMGP2136.jpg

まずは、松陰神社について
松下村塾

IMGP2141.jpg

吉田松陰をはじめとする久坂玄瑞・高杉晋作、土佐藩の武市半平太等
若くして命を落とした草莽の志士達の歴史的役割は何だったのか・・
(長くなるのでやめます)

IMGP2144.jpg

世界遺産登録のニュースが流れた日だったので、すごい人でした。

IMGP2149.jpg

この風通しの良さ‥日本家屋もいいですね。

IMGP2152.jpg

松陰神社は広葉樹だけでなく、立派な松が多いけど
「松くい虫」は大丈夫なのかしら…と元担当は心配になります。

IMGP2154.jpg

自然を巧みに取り入れた日本人の美意識

IMGP2157.jpg

表は人だかりなので、裏に回って濡れ縁に座っちゃいました。

IMGP2169.jpg

文武の「文」が藩校 『明倫館』 なら「武」はここ 『有備館』 になります。

IMGP2163.jpg

さすがこの人は(剣術場であっても)運動の場に立つととした感じになります。

IMGP2170.jpg

剣道場の床下には甕(カメ)が置かれてあって、床を蹴ると小気味よい音を奏でます。
幕末の多くの志士が訪れ、剣をふるいました。

何日も滞在した北辰一刀流の遣い手、坂本竜馬の汗も浸みこんでいるかもしれません。

IMGP2171.jpg

明倫館の門(観徳門)

IMGP2173.jpg

水泳や水中騎馬の練習が行われた水練池
思わず泳ぎたくなりました。

IMGP2172.jpg

名物(?)蒸気船まんじゅう
長州征伐で高杉晋作が乗艦し、幕府軍艦を駆逐したオテントサマ号がモデルかな?

見た目より(笑)美味しかったです。


 - 2015.05.04 Mon

視覚障がい者向けの広報等の音訳風景

s-IMG_0365.jpg


息子がしていた音楽活動の名残りであるマイクスタンドが活きています。

音訳は朗読と違っていかに正確な情報を伝えるかがキモ。

この頃は官報もビジュアル化され、多種多様な写真やグラフを言葉に置きかえるのに苦労します。
本文とこれら補助資料の整合を保ちつつ、立体的なイメージを聴く側の頭で構築してもらう必要があり、数値の棒読みでは途中で相関を見失い迷子になってしまいます。

近ごろはカツゼツも頭のめぐりも悪くなり茫然とすることしきりですが、八十代の女性の方もボランティアで頑張っていること(しかもカセットテープで)を思えば、投げだせませんね。

中学の時、放送部だったことも支えです。こう見えても、お昼休みに音楽をかけながら DJ をしてたんですよ ♪。3 回目で学校側から「待った」がかかって止めましたけど・笑

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sutekion

Author:sutekion
素敵な音楽と美味しい珈琲 心地よい時間を過ごしませんか。

最新記事

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (180)
オーディオ (1)
テニス 錦織 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する http://torimu0044.at.webry.info/

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。