2014-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2014.08.28 Thu

気象予報士の試験は「一般」・「専門」・「実技」の3本立て

IMG_2264.jpg

まず始まったのが「一般」試験
これは地球大気の様子とかを5択から選んだり、気体の状態方程式等を使って問題を解き、正解をマークシートに記入する。
15問中「意味不明」(笑)のが2問ぐらいで、「解けそうもないわ」のが3問ぐらいあった。後者は数式がからんでいて、僕の力量では相当時間が必要と判断。
だからできそうなのから片づけていき。最後の3分間で、意味不明問の解答を目をつぶってなぞり、指先が当たった番号をシートに記入した。
ということで、「一般」試験は惨敗したようです。

次が「専門」試験
これはより具体的な天気…高気圧や低気圧、台風の構造とか動向、予報技術等が問われる。
15問中まったく「ノーマーク」の出題は1問だけで、これは例の「コックリさん」(なつかしい)手法であてずっぽで答えた。
残りは大体理解できる問題だったけど、迷うところも多々あり、正解が基準数(約11問)に達したかどうか微妙な感じです。
ということで「専門」試験は同時セーフかアウトかというところ。

一般も専門も(実技も)数式を使った計算に電卓を使えない
なんと、紙の上で筆算をして解くのです!!!
初めは模擬問題などは電卓ですましていたけど、そのことを知ってから、中学校以来の筆算との闘いも始まった。

たとえば 1580.45÷0.0273 ができます? 紙と鉛筆だけで・・・
久しぶりに「九九」が頭の中を駆けまわる。

しかしこれも慣れで、なんどもやっているうちに出来るようになるんです。
小学校のとき勉強しといて良かったなぁ♪

ただ、いくらなんでもあんた 「筆算」は時代錯誤でしょう!

計算機の持ち込みを認めない理由は、その性能の差がでたり、キーをたたく音がうるさいからだと思うけど、それなら試験会場の方で百キンのでもいいから小型で簡単な電卓を配ったらどうでしょうか。
また、数値を出させるのでなく、関係式を変形させていき、1/2PΔZsin30°といった係数等を含めた答えを求める出題にしたらいいと思う。

予報の現場で筆算をすることはありえず、その計算力は予報士のスキルと関係ないのだから、無駄な作業を強いるのは受験生の負担を増やすだけだ。

IMG_2267.jpg

「実技」は天気図やデータのグラフ、表を使って、現状把握から自ら予報等を行う作業
マークシートではなく、用語の穴埋めや前線のプロット、所見を制限された字数前後で記述(作文)をすることになる。
試験は1と2のふたつに分かれて行われ、どちらも制限時間は75分。

1回目、僕は「1時間半もあるのか~」 (そうじゃないよね) と余裕をこいてじっくりやっていたら、あと30分ぐらい前にいきなり「残り5分となりました」とのコール!あわてて黒板を確認したら、終わりの時間を間違えていた
まだ問題の半分もできていない。

頭は真っ白!
・・ああ「逝ってまった」と敗北宣言をしたのでした。

今まで通信で模擬試験を受けてきたけど、正直時間なんか計ることなく、のんびりと解いていた。
まさかこんなにも短い間に、これほどの問題を解くなんて・・・しっしらなかった!空がこんなに青いとは

しかし、関門海峡を渡り、350kmの道のりを走ってきた。
決して安くない受験料を払い、夕べも好きなお酒も飲まず(笑)ホテルで勉強した。
もとより一発で通るとは夢にも思ってもいないが、昨日今日を無駄に終わらせたくない。

2回目の実技は気合いを入れなおし、時計の分針 (こういうときはアナログですね) と問題を交互に見ながら120%本気モードで取り組んだ。

しかし、天気図だけで地上天気図から700hpa・800hpa・500hpaの高層天気図、その現在・12・24・36時間後の予想天気図など何枚もあって、さらに降水グラフやレーダー解析図が加わり、それらを見比べて大気の状態、今後の傾向やその理由を記述するのだから、手は忙しく動き、頭はずっとフル回転。この緊張感に脳内ではドーパミンが出っぱなしで、どこかゾクゾクとした快感さえ覚える(?)。

「これで終わりです。解答用紙を伏せてください。」
まだ問題の4分の1は残っていた。

解答の回収が終わり、みんながドヤドヤと帰り支度をしだしたころ
不覚にも目が うるうる ときたのでした。

テニスや水泳もいつもどおりした。お酒も欠かさず飲んだ。
でも、休日のほとんどは図書館でテキストや問題集に向かい
毎日暗いうちから起き、朝の1、2時間は勉強に捧げた。

最初はバラバラだったパズルのピースが少しづつはまっていくように、「気象」の全体像が僕の頭の中で確実に構築されつつある。そのイメージは試験の直前ごろから生まれ、今回の受験でしっかりとした「手ごたえ」をつかむことができた。

IMG_2265.jpg

隣にいた70歳近くの年配の女性は「専門」試験が終わったところで消え、斜め前に座る 見るからにエリート重役風の男は「実技」で問題を茫然とながめるだけで、一度も鉛筆を握ることはなかった。

自分で言うのもなんだけど、難しい試験です。
「これで一発合格!」なんて教本を通読しただけで、おいそれと取れる資格ではない。もしそうなら気象大学校が超難関校になるはずがない。

僕も合格にはまだまだ遠い。
しかしこのまま勉強を続ければ、必ず気象予報士になれるだろう。

今、やっと六合目ぐらいにきたところ。これから山は急峻になっていくけど、歩幅を小さくとり黙々と登っていこう。
まあ、生活がかかっているわけじゃない。それに独学だからお金もいらず、休日にレジャーや買い物で車を乗りまわす回数も減るので、結構 勉強ってエコですよ(笑)。

IMG_2268.jpg

帰りに福岡で夕食。から揚げ定食なんて久しぶり

それにしても試験地の選択肢が大阪と福岡しかない、というのもつらいなあ~
せめて広島ぐらいだったら、日帰りできるのに。
中国地方ってそんなに力がないのかしら


スポンサーサイト

 - 2014.08.27 Wed

s-IMG_2254.jpg
これは美東SAで名物のチャンポンメン(ひるめし)

気象予報士の試験を福岡で受けました。

他の選択肢は大阪しかなく、福岡なら車で行けると思ったからです
しかし、走ってみる4時間半!中国道は曲率が高く(低気圧?)ぶっとばすには危険があぶない。
ようやく市内に入ると、さすがニトリやユニクロなどの大型店舗が軒をつらねていて、買いもの好きを誘惑するけど、エエ~イと煩悩を振りはらい、スターバックスに入って、最後の追い込み(あがき)をかける。

s-IMG_2255.jpg

さすがに試験の前日に大酒は飲めないので、夕飯も吉野家の定食ですませて、ホテルでお勉強。

ちょっと浅い眠りのまま朝を迎え、朝食はいつものとおりタップリ摂取して、早めに試験場へ車を走らせる。
会場付近の駐車場さがしにかなり戸惑ったけど、最高700円のタイムズを見つける。こういった経験は次回のリベンジに活かせるので、よく覚えておこう。

場所は西南学院大学というところ。
「創立百年記念」の看板があり、レンガ造りの建物が歴史を感じさせ、落ち着いた雰囲気がとてもいい。やっぱり大学のある街っていいなあ。

時間が近づくにつれて、どんどん人が増えてくる。ざっと見た感じ300人はいたと思う。

気象予報士が活躍する場(職場)はごく限られる。この資格を持っていたからといって、普通の会社で特別扱いしてもらえることはまずない。僕みたいなお天気キャスターを目指す人を除いて・・・(ウソ)
だから受験の目的の多くは「自分自身への挑戦」とか「生涯学習」といったところかな?

しかし学んでわかったのだけど、内容は理系、法律系と多岐にわたり、その守備範囲もまさに地球空間的に広大だ。合格率5%未満の超競争率もうなずける。
内容の濃さもハンパじゃないけど、ぐーんと肩にのしかかってくるのが、その責任の重さだ。気象予報士は気象庁に代わって「予報(現象の予想)」ができる唯一の国家資格。
直近でいえば、広島の豪雨災害
仮に予報士の僕があの場でなんらかの判断をくだせばならなかった時、その決断は人命さえも左右する。もし地元の地形・地質、植生などに通じた予報士がいれば、もっと早く手が打てたかもしれない。極言すれば気象に携わるものは、人の生命・財産をあずかる立場にあり、小手先の試験対策や生半可な知識、趣味のひとつ程度の気分で取れない(取ってはならない)資格なのだ。

気象を学ぶには物理の勉強が必要になる。っていうか、気象とは「大気の現象」であり、全て数式で成り立つ純然たる物理過程。そこには文学的知見も男女の妙も情状酌量も入りこむ余地はない。

日本人は二十四節句や俳句の季語のように「気候」を情緒としてとらえる感性の持ち主だが、「気象」は個人の想いとは別の時系列で諸行無常に進行している。
例えば、秋の天まで抜ける青空や日本海の落日をとりまくあかね色の夕焼けは美しいが、それは
ウイーンの変位則
という変態的な名前の公式がもたらす物理現象に過ぎない。簡単にいえば、太陽の光には波長の短い紫外線等がたくさんあって、それが上空の高いところで散乱し、青色の成分が残り、お日さまが遠くなる水平線ではさらに青色も飛び散って、比較的波長のながい赤色が落ち武者となって僕たちの網膜にたどり着くということ。

人間は地球規模の大気現象をコントロールできず、「神のみわざ」の一挙手一投足を息をつめて見守り、次の一手を予測するしかない。スーパーコンピュータのおかげで相当近づくことはできたけど、神の気まぐれ(カオス)までは最後まで付き合いきれない。

このように、「気象学」では物理の数式を覚え、縦横に駆使するスキルが不可欠になる。
高校まではいわゆる理系男子で中途挫折(汗)した僕にとって、その学習は「落ちこぼれ」のトラウマを思い起こすキツイ作業である反面「リベンジしちゃる!」という気概もあって、両方の感情を行き来しながらここまでやってきた。

s-IMG_2263.jpg

それで試験はどうだったか?
つつきは次回で・・See you again!


 - 2014.08.15 Fri

ロビン・ウィリアムズの作品「グッド・ウィル・ハンティング」・「レナードの朝」は僕の大好きな映画の五指に入ります。

自殺という悲しいエンディングかもしれないけど、人生という長い航海において死は一瞬の出来事に過ぎず、そのことで彼の尊厳や素晴らしさがいささかも揺らぐことはない。

喜劇役者とアルコール依存、薬物中毒者といった二面性は誰だって持っている。ただ僕たちはその光と影を際立たせず、世間と折り合いをつけながら上手にふるまっているに過ぎない。しかし役者などの「表現者」は人間を描くために自らの内面を暴かざるをえず、精神の均衡を保ち続けるのは難しい。だからこそ名優の演技は見る者の魂をゆさぶるのだと思います。

ドタバタ劇もお得意でしたが、喜びも悲しみもすべて飲み込んで、静かに微笑むときの彼に父親のような気持を感じていました。

n-ROBIN-WILLIAMS-large570.jpg

ご冥福をお祈りします。


 - 2014.08.06 Wed

その広島に行った時、スターバックスで試験勉強しました。

DSCN0483.jpg

スタバー DE スタディ ってちょっとカッコよくないですか?

はい!田舎もんにとっては「クールだなぁ」っと勝手に悦に入ってます。
結構そういった教材や問題集に向かっている人たちはたくさんいましたよ。

まあ、となりでMacのPower Bookをカタカタさせている令嬢には、歯がたたないけどね…

若い人たちが何かに取り組んでいる姿って、その空間って、好きです。
図書館の学習室も同じような空気がありますね。


僕は自由が好き。
縛られたり、とらわれたくない。
エライ地位をもらっても、僕の自由を阻害するものなら、そんなものは全くいらない

どこへも行ける。Uターンだって軽くできる。
ひとりのバイカーで一生いたい



 - 2014.08.03 Sun

久々に広島のアルパークに行って、靴を買いました。

DSCN0490.jpg

Right-on』 というお店のオリジナルブランドです。

持ってるのはごっつい靴が多いので、人柄にあった(?)爽やかな軽いのが欲しかった。

いつもならサイズ選び(26.5 or 27.0)で迷い、結局選びきれないパターンが多いけど
これは履いたとたん、足に吸いつくようなフィット感があって、めずらしく即買いでした。
「夏物バーゲン」なので、定価4,900円が千円引きだったのも大きな理由です。

人は十人十色の体型をもっているので、マイベストな服や靴に見つけるのは大変ですね。
たまにこうやってピッタリさんと出会えるとうれしくなります。

できるなら、色違いをもう一足ほしいとろですが・・・

http://e.right-on.co.jp/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sutekion

Author:sutekion
素敵な音楽と美味しい珈琲 心地よい時間を過ごしませんか。

最新記事

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (180)
オーディオ (1)
テニス 錦織 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する http://torimu0044.at.webry.info/

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。